書籍、業界の専門誌などでも販促事例を紹介されました
【集客事例1】:個人経営の焼鳥店の場合 【集客事例2】:個人経営の定食店の場合 【集客事例3】:地方の焼肉店の場合
もしかして、あなたは下記のようなことで悩んでいませんか?

私はセミナーや面談を通して、年間百名以上の飲食店経営者から話をお聞きしています。
上記の悩みも、多くの経営者が抱えている共通の悩みではないでしょうか。

この他にも、「新規客の来店が増えない・・・」「なかなかリピーターになってくれない・・・」
「売上が一向に伸びない・・・」「常連さんの来店回数が減った・・・」「客単価が下がった・・・」
など、
多くのお店で何かしらの課題を抱えています。

たしかに、この20年間に外食市場は20%も縮小してしまったので、
<何の課題もなく順調だ>というお店は、ほとんど無いといっても言い過ぎではありません。
マスコミでも報道されているように、ハンバーガーチェーン、居酒屋チェーン、牛丼チェーンなどでも、
軒並み売上ダウンに直面しています。

さらに輪をかけて深刻なのは、コストアップの問題と言えるでしょう。
仕入れについては、アジア圏での需要拡大、乱獲による収穫量の減少、悪天候や災害などにより、
軒並みコストが急騰してきました。
特に魚介類については、この2、3年の間に2~5倍まで値上がりしたモノまであります。
また、最低賃金の改定や人材不足で人件費や求人費も上がり続けていたり、アベノミクスの影響もあって、
家賃が上がったり、返済利息も上がるなど、全面的なコストアップが今後も続く勢いです。

ラクな商売は無いと言いますが、それにしても近年の飲食店はますます儲かりづらくなりました。

だからこそ、ムダなコストは使いたくないですし、
その上で、しっかりと集客も強化したいというのが、経営者の本音だと感じています。

そこで今日お伝えするのは、これらの逆風が吹き荒れる中でも、
コストを抑えた集客方法を使い、しっかりと売上アップを実現している飲食店の話です。それは・・・

飲食店の集客事例なら、私に聞いてください!

初めまして。
飲食店・販促コンサルタントの阿保武和(アボタケカズ)と申します。

飲食業界に入って20数年、独立してからは10年以上になります。
チェーン店の店長時代は、コツコツとポスティングしたり、通勤時間帯に駅
前でチラシを手渡しして、就任4ヶ月目には400万円の売上アップを実現
させました。また、当時の飲食店では珍しかったダイレクトメールもいち早
く取り入れて、在任中の95.8%の月で高いハードルの売上予算を達成。
その業績が認められて、社内最年少でスーバーバイザーに抜擢されました。
スーパーバイザーの難しさは、店長時代のことを実践しても、結果が出ない
お店があったことです。多数のお店の業績を上げるには、きちんとした裏付
けが必要だと考え、そこからマーケティングを学び始めました。そのうえで
行きついたのが、<ランチェスター戦略>と<販促>の融合です。これらを
ベースに独自の地域密着戦略を構築したことで、売上が低迷していたお店で
もV字回復を実現できるようになったのです。

独立後は地域密着戦略を柱に、コンサルティングなどを行ってきました。小さな飲食店は、「資本力」や「情報力」や「ブランド力」ではチェーン店に勝てません。だからこそ、お店ごとに適した販促方法を使って売上アップを実現させるのです。もちろん、同じようにいかないこともありましたが、どのようなお店でも、必ず活路を見出せるのが<販促>の力でした。

私が経験してきた積み重ねは、多くの飲食店の方々にもご活用いただけると考えています。
そこで、これまでも数百人にのぼる飲食店経営者とお会いをし、また1万人を超える人たちにノウハウを提供してきました。
さらには、日本最大級のメルマガ配信スタンドのまぐまぐで「殿堂入りメルマガ」として認定されたり、数々の専門誌や業界誌からインタビューを受けたり、成果事例などの記事執筆を依頼されたりしています。また、月刊「商業界」で毎年行われるチラシDM大賞においては、過去4回の応募の中で、優秀賞を2回、入選1回を獲得しています。

≪書籍、執筆実績≫

2014年にコンサルタント仲間と共著にて出版した書籍
「お店の売上を倍増したいなら お金をかけずにアイデアで勝負する!~販促ウエポン100~」は、大手書店ランキングでは、「総合」と「経営書」部門でダブル1位。 Amazonランキングでは、「総合」3位、ビジネス・経営部門など5部門で1位を獲得しました。

販促ウエポン販促推進委員会 著
(秋田昌康、阿保武和、小澤歩、蒲原久美、菊本光司、北原友、黒崎英典、清水啓介)
岩本俊幸 監修

≪セミナー活動≫

※コスト削減だけを優先すると、短期的な成果にはなっても、やがてジリ貧に陥ってしまう。
※少ない販促費で効率よく売上を上げることが、これからの飲食店で大きなテーマとなっている。

あなたのお店の集客方法は?

「チラシのポスティング」、「新聞折込」、「フリーペーパー」、「街頭でのチラシ配布」、「のぼり」、
「A看板」、「電飾看板」、「ホームページ(自店)」、「ぐるなび等のポータルサイト」他、
飲食店の集客には、いろいろな方法があります。

特に2000年以降はインターネットでの「広告媒体」も拡大し、以前よりも広告が身近になりました。
その反面、効果的なサービスが現れても、すぐに激しい競争状態となってしまうので、
結局は広告費が高くなったり、効果が半減してしているのが現状のようです。

今、あなたのお店では、どんな集客方法を実践しているでしょうか?

ありがちなパターンとしては、ぐる●びなど複数のポータルサイトに登録をしておき、
何となく集客している気になっているというもの・・・。
そして年に数回だけ別の広告媒体を使いつつ、日常的には待ちの姿勢でいるお店のようです。

インターネット集客は万能薬ではありません

「これからはホームページがないと、お客さんが来なくなる時代ですよ」
「今なら初期費用なしで、本格的なホームページが持てますよ」
このような営業トークで、多くのホームページ制作会社が小さな飲食店に入り込んでいきました。

しかし、結果はどうなってるでしょうか?
月額2万円×7年リースで150万円以上の投資をしてみたけれども、
うまくホームページから集客できていないお店もあるようです。
ひどいケースになると、制作した会社が潰れしまって何も更新できないお店もありました。

また、「サイトに登録すればお客さんが集まります。広告費はン万円」という営業も多いですよね。
それでも本当に集客できればいいのですが、実際は費用対効果が低いこともあるようです。
「すごく期待していたのに・・・」と頭を抱えても、後の祭りだったということがありますよね。

真新しさよりも、堅実で小さな一歩が売上につながります

その一方では、「もっと積極的に実践したら成果が出るだろう」と思うことも、しばしばあります。
しかし、大きな失敗を経験していたり、過去に挫折をしたことのある人ほど、
次のステップに対して臆病になっているのも事実ではないでしょうか。

そこで私は、まずは≪お金をかけない販促≫から始めることを提案しています。

飲食店にとっては、リスクの少ない集客が一番ありがたいことです。
小さなリターンとなりますが、着実にお客様を増やすことができますよね。
また、それらの成果で利益が増えた後に、少しずつ販促にお金を回すことで、
やがて大きな成果へのリレーションができるのです。


「あなたのお店に適した販促」が、絶対あります!

売上を上げる方法とは?

シンプルに考えると、①アイデアを考える、②それを実践する、この2つのステップになります。
この単純なルールに当てはまらない方法は、ほとんど存在しません。

ですから、アイデアをたくさん持っていると、それだけチャンスや可能性が広がってくるのです。
ところが多くの人にとって販促のアイデアなど、なかなか思い浮かぶものではありません。
即答するとなったら、10個でも難しいかもしれませんよね。

しかし、それは仕方のないことなのです。
なぜかと言うと、実際に本屋に行き販促に関する本を手にしてみると、
「●●で売上が上がる!」のような、一つのテーマに絞ったものがほとんどだからです。

それには明快な理由があるのをご存知でしょうか。
実は、ビジネス本はテーマを絞ったほうが読者のウケが良くなるので、
その本自体が売れやすくなるという、大人の事情が絡んでいるのです。

単独テーマの本を読んで、「思うような成果が出なかった」「途中で挫折してしまった」となると、
その後はどうなるでしょうか?
すぐにアイデアに行き詰まってしまうので、次のアイデア探しのために別の本を買うか、
売上を上げる意欲自体を失ってしまうかの、どちらかになるのです。
そんな経験はないでしょうか?

そこで今回、あなたにご紹介したいのが、

販促アイデアのストックを、たくさん手に入れてもらうことと、販促アイデアを自由に応用できる、スキルを持ってもらうことなのです。

それによって、今までは壁にぶつかってストレスと感じていたものが、
絶好のチャンスへと180度方向転換できるようになるのです。

先ほどの「売上を上げる2ステップ」を補足させてください。

① → アイデアを考える ② → それを実践し、改善し続ける。

この改善のステップを取り入れることで、面白いように成果を出せるようになるのです。

さらに、応用のスキルは生涯にわたって使えるので、
ライバル店が壁にぶつかり、アイデアに行き詰り、挫折してしまうのとは無縁に、
あなたのお店は次々と成果を上げられるようになるのです。

必ず見つかる!あなたのお店のベスト販促!

あなたは今、いくつの販促アイデアを持っているでしょうか?
もしかすると10個以下かも知れませんが、まったく問題はありません。

人間の脳の記憶容量には限界があって、多くをストックをしようとするとパンクしてしまいます。

そのため、せっかく閃いたアイデアや必死になって学んだ知識でも、
すぐに忘れてしまったり、思い出せなかったり、なかなか定着しなかったりするものです。

そこで私は、何かいい方法はないだろうかと考えました。
たとえ壁にぶつかったとしても、次から次へと新たなアイデアを引き出せるような、
どんなときにも活用できて、スッキリした方法はないのだろうか・・・と?

そこでたどり着いた答えが、
『飲食店で実践的に使える販促策』を、テーマに沿って整理しておくことだったのです。

大量のレターケースをイメージしてみてください。
それらが整然と並んでいて、正面には大きくテーマが書かれています。

あなたが興味を持ったテーマのケースを開けてみると、
そこにはテーマに沿った販促の考え方や使い方、
さらには効果の出る販促事例や提案が入っているのです。

つまり、「テーマ」が目次となっていて、その中に「答え」が入っているイメージです
まるで、『販促のカンニングツール』が、いつでも自由に使える状態だと考えてください。

私が共著で出版した本の副題は、「販促ウエポン100」と言います。
100個のテーマに沿って、飲食店の他にも、美容室、小売り店などの事例も多く書かれています。
異業種の事例を知ることは大いに参考やヒントとなりますが、その反面、紙面、ページ数、文字数の制限もあり、
飲食店向けの事例は限られたものとなっていました。

そこで今回は、
『飲食店販促の虎の巻』として、飲食店向けの販促アイデアに特化したうえで、
新しい事例や提案までを追加した『新・販促成功事例100+51』として、あなたに公開します。

1.【飲食店販促の虎の巻~新・販促成功事例151】(WEB動画)

◆『販促ウエポン100』のテーマ解説&飲食店事例のブラッシュアップ◆

書籍「お店の売上を倍増したいなら お金をかけずにアイデアで勝負する!」内の100個のテーマについて、
・「どのような効果があるのか?」
・「どのようなポイントを意識すると効果的なのか?」
・「どのように応用できるのか?」など、

書籍以上に理解が深まる解説を、WEB動画で公開します。

WEB動画では、書籍と違って紙面や文字数の制限がないので、
本当に伝えたいことを、思う存分、細部までお伝えすることができます。

また、書籍内の飲食店向けの事例について、さらにブラッシュアップした補足をいたします。
具体的なニュアンスをお伝えすることで、さらにスムーズに活用しやすくなりました。

※100個の販促テーマは以下の通り。

販促ウエポン100
1:価格の活用
2:ネーミング(社名、商品名)
3:パッケージング
4:ロゴマーク
5:店舗の内装
6:営業日や営業時間を変える
7:商品陳列
8:チェックリスト
9:問題の出題
10:推薦状(有名人や著名人)
11:アンケート・お客様の声
12:条件付き特典
13:商品サンプルの配布
14:レンタルサービス(貸し出し)
15:セレクト特典
16:注文方法の多様化
17:支払い・決済方法の多様化
18:地域密着活動
19:社会貢献活動
20:誕生日・記念日
21:業界人の活用
22:ゲームの活用
23:ご用聞き発想
24:プレスリリース
25:思い出してもらう
26:年間パスポート
27:時間を短縮する
28:時間をかける
29:顔や姿を掲載する
30:カウンセリング(希望を聞き出す)
31:アイドリングタイムの活用
32:約束を守るメッセージ
33:期待以上の驚きのサービス
34:えこひいきなサービス
35:ターゲットの絞り込み
36:顔を覚える(お客様を観察する)
37:継続的な期待以上の体験
38:笑顔と挨拶
39:リサイクル
40:カスタマイズ・サービス
41:懸賞キャンペーン
42:待合室やトイレの活用
43:託児所
44:ペットを切り口に
45:デモンストレーション(実演販売)
46:お客様サポート・フォローアップ
47:不要品の還元
48:マイレージサービス
49:保証期間の延長
50:返金保証
51:下取りサービス
52:最低価格保証
53:売り方のエンターテインメント化
54:必需品を条件付きで提供
55:セレクト型(選択肢)
56:書類の書式やレイアウト
57:メンバーシップ制度
58:フィードバックシステム/クレーム対応
59:紹介制度
60:スクラッチ
61:不良なお客様への対応
62:肩書の活用
63:専門家としての価値の提供
64:ポイント制度
65:第一印象の活用
66:予約による特典
67:五感の訴求
68:ストーリーにして伝える
69:飲食物提供の付加サービス
70:日替わり、週替わり
71:四季の活用
72:スタッフの服装や名刺
73:職場体験
74:利便性の活用
75:製品体験・モニター
76:簡単な申し込み方法
77:アウトレット販売
78:イベントの開催
79:コンテストの開催
80:セット販売
81:展示会・見本市
82:セミナー・講演会・勉強会
83:教室ビジネス
84:広告提携・業務提携
85:他店の商品でも喜んで
86:富山の薬売り発想
87:写真(フォトサービス)
88:タイムサービス
89:無料診断・無料相談
90:無料クリーニング
91:マスコミ掲載の二次活用
92:生産者・産地の表示
93:業界の歴史の明示
94:賞状・証明書
95:統計データの活用
96:プレミアム手法(おまけ)
97:アップグレード
98:手直し・修理サービス
99:クーポン
100:丁寧に謝罪する

◆飲食店のための『新・販促成功事例+51』

「販促ウエポン100」のテーマの内、半分以上にあたる51のテーマについて、
飲食店で効果的な別の事例や応用のアイデアをお伝えしていきます。

これら51の事例やアイデアは、紙面の関係で書籍の中では触れられませんでしたが、
飲食店の方にはどうしても知っておいてもらいたいものを厳選してピックアップいたしました。
販促アイデアの新たなストックとして、ぜひ活用してもらいたいと思います。

2.【飲食店販促の虎の巻~新・販促成功事例151】(音声データ))

「耳から入れた知識は忘れない」
こんな話を聞いたことはないでしょうか?
聞く力というのは、無意識のうちに心の奥の記憶に刻み込まれる特徴を持っています。
そのため、繰り返し聞いていると、確かな記憶として忘れないようになるのです。
また、本を読んだり、セミナーを受講したりするのとは違い、大きな努力や負担がなくても、「ながら」的に学ぶことができるのも魅力ですよね。例えば、「車を運転しながら」「料理をしながら」「電車に乗りながら」、時には「寝ながら」でも学ぶことができるのです。

実際に私が知識を深めるのにも、音声を活用しています。
「本」、「マニュアル」、「セミナー」、「DVD」の他に、・・・「音声CD」の音源は重宝します。
「iPod」や「スマホのメモリ」などに移し変えることで、手軽に持ち運びできるので、
大切な時間を無駄にすることがなくなりました。

飲食店で効果を出す151個の販促事例と次々とアイデアを生み出せるスキルの価値は?

私が書籍を書き上げたとき、まさに完全燃焼という思いになりました。
手前味噌でありますが、店舗ビジネスに特化していて、
これだけ実践的に活用できる書籍(ツール)は、少ないのではないでしょうか。

しかし、飲食店の販促コンサルタントとして振り返ったとき、
もっと飲食店に特化した内容を、深くお伝えしたいという思いが溢れ出てきたのです。
また、書籍に書かれている内容についても、さらに詳しく掘り下げることで
10倍以上の価値をお伝えできて、さらに売上アップに貢献できると確信したのです。

そこで今回の【飲食店販促の虎の巻~新・販促成功事例151】の価格ですが、
<WEB動画+音声ファイル+書籍>のセットで10,000円でのご提供をと考えました。
事例一つに付き約66円なので、すごくリーズナブルな提案だと感じてもらえることでしょう。

けれども、すでに書籍をお持ちの方もいらっしゃるので、
書籍は特典としてプレゼントすることにしまして、価格を8,400円と決めさせてもらいました。
あなたは事例1つに付き約55円で、151個の事例やアイデアを自由に活用することができます。
いろいろとアレンジも加えて、売上アップに役立ててください。

≪増刷・感謝キャンペーン!≫

ここで一つ、私からお礼があります。
たくさんの方に書籍をお求めいただいたおかげで、発売早々に増刷が決定いたしました。
多くの書籍が初版だけで消えていくことが多い中で、とても嬉しく、感謝をしております。

そこで今回は増刷・感謝キャンペーンを兼ねまして、
先着250名様までは、特別価格の4,800円(税込)にてご提供させていただきます。

さらに今回は特別に・・・、書籍の送料も私が全額負担いたします。(送料無料)
今が絶好のタイミングですので、ぜひお店の飛躍に大いにお役立てください。

販促事例を活用する

飲食店経営をワクワクさせる6つの特典

それだけではありません。
さらに今回は、6つの特典をプレゼントさせていただきます。
これらの特典の一つ一つが、あなたのお店を繁盛させるために大きな役割を果たすことでしょう。

特典1【お店の売上を倍増したいなら お金をかけずにアイデアで勝負する!】

本書は店舗ビジネス全般で活用できる販促本です。
お店のスタッフ全員が、お金をかけることなく、優れた知恵を創出して工夫を凝らした販売促進ができるための実践活用書と言えるでしょう。


<販促ウエポン100>

  1. 価格の活用…単純に「安くする」のではなくお客様に喜んでいただくための価格戦略
  2. ネーミング…商品のネーミングを変えるだけでガラリと売れ行きが変わる
  3. パッケージング…コンセプト内の商品を複数用意しパッケージ化して販売する
  4. ロゴマーク…お客様が目にする機会を増やすことがマインドシェアの獲得に!
  5. 店舗の内装…店内での体験を記憶に残してマインドシェアの獲得
  6. 営業日や営業時間を変える…お客様のニーズに合わせて設定しサービス化
  7. 商品陳列…購買行動を活用した陳列で商品や店舗のプレゼンテーション
  8. チェックリスト…幾つかの項目を確認してもらい自分のための商品と感じてもらう
  9. 問題の出題…そのまま伝えずに考えてもらうことで興味を持たせ理解を促す
  10. 有名人や著名人の推薦状…自分からは売り込まないでも信用を勝ち取れる最短手段・・・ほか

上記のような販促アイデアを100本、具体的な事例でわかりやすく紹介。

巻末に付録として100枚のカードを掲載してますので、このカードを使い、
誰にでもすぐにアイデアを具体的に実践することができます。

販促ウエポン販促推進委員会 著
(秋田昌康、阿保武和、小澤歩、蒲原久美、菊本光司、北原友、黒崎英典、清水啓介)
岩本俊幸 監修

特典2 時間を4倍効率よく使える【できる飲食店経営者の時間管理術】(ダイジェスト版)

 「どうしてこんなに時間が足りないんだろう・・・」
経営者なら誰もが感じる悩みではないでしょうか。
しかし、嘆いていても解決はしませんし、
本来は時間ほど誰にでも平等なものもありません。
「1日24時間、365日をどうやって充実させていくか?
時間に追われ仕事漬けになっている毎日を、どうやって効率よく楽しむかが問われる時代です。
仕事で良いパフォーマンスを発揮して、プライベートを楽しむヒントをお届けします。

特典3 ある日突然青ざめない【飲食店経営者のキャッシュフロー経営術】(ダイジェスト版)

「えっ、どうしてお金が足りないんだ・・・?」
ある日突然、支払ができなかったら、あなたはどうするでしょうか?
毎年売上が上がっていくような時代なら、資金繰りの悩みなど
いらなかったかもしれません。
しかし、売上が安定しない、月ごとに変動する、天候の乱れなど、つねに不安要素は付きものです。
日々の営業に追われ、ふっと気づいたときには残高不足が起きないよう、
キャッシュフローの基本をマスターしておくことで安心して経営を楽しめます。

特典4 シークレット交流会への参加権

ビジネスで成功する秘訣を聞かれたら、私ならこう答えます。
・・・「人脈づくり」
もちろん、「お客様リスト」と答える人もいるでしょうし、正解が一つではありません。
ただ、私が思うには、一人ではビジネスはできないということです。
今まで私自身も多くの出逢いがあったことで、10数年にわたってビジネスを続けて来れました。それは仲間であったり、ビジネスパートナーであったり、師匠であったりします。
私が知っている飲食店の経営者も、成功している人ほど必ず人脈を持っています。
とくに飲食店の経営者同士の人脈はパワフルだし、何ものにも代えがたいものではないでしょうか。

特典5 法人の宴会集客をドサッと獲得する最強のテンプレート

法人集客の強みは、何と言っても大きな宴会が取れることですよね。
たとえば、一回の販促で数十万円分の宴会予約が取れたら、
それは魅力的な販促と言えるのではないでしょうか。

私が携わった法人販促の中で、
一発で133万円分の宴会獲得に成功した集客チラシのテンプレートを差し上げます。
ご自由にアレンジして、宴会集客の武器にしてください。

特典6 メルマガで飲食店経営のヒントをお伝えします。

あなたは、プライベートと仕事の境目は明確になっているでしょうか?
朝目が覚めて、何となくお店に行って、何となく仕事を始めてしまうことはありませんか?
やはり仕事面でベストのパフォーマンスを出すためには、きちんとした切り替えが必要だと言われています。
「よし!今日も頑張るぞ!」みたいな、スイッチONが欠かせません。
そこで私は、飲食店の経営者や店長に向けて、メルマガをお届けしています。
小さなヒントや気づきを受け取ってもらい、気持ちのいい一日のスタートを切ってください。

販促事例を活用する

たくさんの応援メッセージをいただいてます!

砂田様 ■砂田様
居酒屋を5店舗経営していますが、店長会議で「販促ウエポンカード」を使ってみました。
今まで思ってもみなかったアイデアが出るわ出るわ…会議の1週間後には、2つも実践できることになり、スタッフ自ら出したアイデアなので、モチベーションも高く続けられています。
新入社員も参加させたのですが、「今まで、どうせ却下されるのかな?と思って発言できなかったことでも、カードを理由にして、自分が発言できるので、非常にやりがいがありました」と言っていたのが印象的です。
今度は各店舗で、アルバイトも交えて実践していきたいです。

佐藤様 ■佐藤様
さまざまな書籍を読んでも、主観的な意見が書いてある中で、どれを自分の店に使っていいのかわからないものも結構あって、結局情報に右往左往させられていました。そんな中で、この本を手に取らさせていただきました。
わたしは焼鳥屋をやっています。普段はアイディアのまったくでないミーティングが、この本についているカードをツールとして使いながら進めることで、ミーティング自体が楽しかったという話さえ出るくらいに斬新なアイディアや切り口が出てきました。
従業員が経営に口出しをすることではない、そんな壁みたいなものがあったものを、ゲーム感覚で取り払うことが出来て本当に感謝しています。

藤原様 ■藤原様
本書を読むだけでもアイデアがざくざく溢れているのですが、
私のオススメは、巻末の販促ウェポン100カード「アイデア出しカード」。
アイデア出しカードは使えます!
同業者のセミナーで実施しました。そこで選んだのは「待合室やトイレの活用」というカード。これに関する販促アイデアを出し合います。
私は「キレイに掃除をして清潔感を保つ」というアイデアしかなかったのですが、「オーナーの人柄を出す“マイワールド”を作ってファンを作る」とか「来月のメニューやレッスンの案内を出して参加を促す」とか「販売したい商品のサンプルを置いて試してもらう」など、色んなアイデアが出て来て驚きました!
それを元に、販促や集客の考え方を共有できたり、具体的な案が出たりと、とても活性化しました。
さらに本書の優れている点は、テクニックだけでなく顧客心理、従業員心理を理解した上での手段なので、考え方次第で応用範囲も広いです。

■田原様
福岡のベストセラー著者、顧客管理士の高田靖久氏がFBで紹介されていたのをきっかけに、阿保武和氏のFB宣伝もあり、本書を購入いたしました。
ビジネス書の多くで述べられているのが、・理念が大事 ・ミッションを明確に ・与えていたらいつか返ってくるといったもので、それももちろん大事ですが、「もうそれは他の本で散々読んだ。それはわかった。具体的に何をしたらいいかを教えてくれ!」という人にはもってこいの本です。

■野々村様
赤ペン片手に一気に読み切りました。まさにウェポン。
お金を使うより、もっともっと頭に汗をかかないといけないですね!
今から、巻末のカードを使ってアイデア会議をします。お客様のマインドシェアーを拡大すべく!良書に感謝です。

コンサルタントの先生方から推薦の声

井澤様 今回、阿保さんがWEB限定で公開されている『飲食店販促の虎の巻 ~新・販促成功事例151~』は、業績を伸ばしたい飲食店経営者の方にとって非常に有益なコンテンツです。
私は飲食専門コンサルタントとして日々ご支援先の売上アップに取り組んでいますが、売上を上げるために重要なのは、成果の上がった事例や、アイディアをどれだけ持っているか、です。
書籍の販促ウエポンには、100の具体的なアイディアが掲載されており、私自身も非常に参考になりました。今回はコンテンツでは、さらに51の事例やアイディアが追加されています。
しかも、魅力溢れる盛りだくさんの特典が付いていて、価格が4,800円とは超破格です。
飲食店を応援し続けている阿保さんならではのコストパフォーマンスですね(笑)。
日々の販促にガンガン使うことをおすすめします!

高田様 2014年7月、記憶に残る名書が発売されました。『販促ウェポン100』。
▼9人の販売促進のプロが、▼持てる知識を全て出して、▼そのいいところだけを選び抜き、▼厳選されたトピックを【1冊の本】に集約。魅力的な本にならないわけがありません。
しかも、執筆者の9人全員が、各々の業界では著名なコンサルタントの方ばかり。特に【阿保武和さん】は、知る人ぞ知る飲食店コンサルティング業界裏のドン。
その『販促ウェポン100』が『販促成功事例151』となってバージョンアップされるという驚きです!
つまり150%ボリュームアップ!しかも、今回はWeb版。151にまで増えた販促ウェポンを動画で分かりやすく解説してくれるそうです。読まなくても、動画で簡単に151の販促成功事例が習得できるなんて凄すぎです!私もとても楽しみにしています。

松本様 私がお手伝いしている店の80%では、売上アップ率が平均30%を越えています。
その手法はそんなに難しいものではありません。
しかし、たくさんの選択肢があって、数え挙げれば切りがありません。つまり、施策はたくさんの中から効果、能力、費用を考えて最適なものを選ぶものなのです。では何があるのか・・・・・?
それは、繁盛店がこっそりやっていることを並べて選べば良いのです。「飲食店販促の虎の巻~新・販促成功事例151」はそれが揃っています。私も常に読み直して、どう当てはめようかを考えています。黄金の販促リスト、販促バイブルです。

米満様 ビジネス書籍「販促ウエポン100」の大ヒットは記憶に新しいところですが、引き続き、魅力的な商材が誕生しました。
これだけで151の成功事例やアイデアが手に入るのですから、これを徹底活用すれば、繁盛店が実現しないわけがありません。
また、私が注目しているのが特典の「飲食店経営者のキャッシュフロー経営術」です。飲食業は、日々お客様から現金が得られるので「キャッシュフローが良い業種」と思われがちですが、食材の仕入れや人件費、家賃や光熱費などの割合が高い業種なので、薄利に陥りがちな業種でもあります。ここでしっかりと「キャッシュフロー経営術」を学ぶことで、一気に「攻め と守り」を充実させることができるはずです。
圧倒的に費用対効果が高い商材として、自信をもってお奨めいたします。

よくある質問

この教材で、本当に売上は上がりますか?
先ずは実践してみてください。ただし、百発百中という発想ではうまくいきません。
「151」もの事例やアイデアがありますので、お店に適したものを選び、マイナーチェンジさせたり、組み合わせたりなど、創意工夫しながら活用するのが一番の近道です。
教材が「動画」+「音声」になっている理由はありますか?
一般的には、「新聞記事」と「テレビのニュース」とでは、どちらが受け入れやすいでしょうか?
多くの方はテレビのニュースだと思います。活字に慣れていない人にとって、
文字の集合体は無意識のうちに拒否反応が起こります。
だからこそ、多くの人が理解できて最大限に活用してもらうには、テレビみたいに気軽に見れる動画と、BGMのように聞き流せる音声がベストなのです。
「販促事例」や「考え方」を知る他に、この教材のメリットは何かありますか?
はい、スタッフの教育・育成やチーム力の向上につながります。
たとえば、経営者だけではなく、店長、アルバイトスタッフ、料理人など少しの空き時間に動画を見たり、準備時間にBGMとして音声を流したりするだけでスタッフの教育・育成をショートカットできるのです。

また、お店で販促ミーティングを行うときも、全員が積極的に参加するようになり、前向きで活発な意見が飛び交うようになるでしょう。
それによって、今まではやらされ仕事だったものが、自分や仲間のアイデアを実践するようになるので、自然とチーム力が高まり成果を生みだす土壌が出来上がります。
WEB動画はいつまで公開していますか?
期限は決めておりませんが、少なくともご購入後1年以上はご覧いただけるようにします。
WEB動画はスマホからも見れますか?
はい。Youtubeにアップしますので、スマホからもご覧いただけます。
すでに書籍は持っているのですが?
今回は特典として全員の方にお付けしますので、同僚や知人やビジネスパートナーなど、
あなたが一番応援したい人にプレゼントしてください。たいへん喜ばれます。
音声データは、どのように使えばいいですか?
i-Podなどの音楽再生機器に保存したり、CDに焼いたりしてお使いください。
通勤時間や移動中、仕込をしながら、寝ながら・・・ライフスタイルに合わせご活用ください。
代引きで購入できますか?
商品の性質上、クレジットカード払いか銀行振り込みの一括払いのみとなります。
返金保証はありますか?
商品の性質上、返金保証はお付けしていません。
本パッケージは多くの飲食店でお役に立てると確信しておりますが、
「自分は何も実践しそうにない」など、行動にご不安のある方はご購入をお控えください。
教材や特典はどのように受け取るのですか?
クレジット払いの方は、お申込み完了後の自動返信メールにて、
教材+特典の専用ページのURLをご案内いたします。
銀行振り込みの方は、ご入金確認後にてメールでご連絡差し上げますので、
二営業日ほどタイムラグが発生することがございます。
なお、特典の書籍についてはご登録いただいた住所に郵便にて配送します。
申込みをしたのに、メールが届きません。
原因は2つ考えられます。
1つめは「迷惑メールフォルダ」に振り分けられている可能性があるので、ご確認ください。
2つめは「アドレスの誤入力」です。その場合、銀行振り込みの方は再度手続きをお願いします。
クレジット払いで決済が済んでしまっている方は、事務局までお知らせください。
連絡先を教えてください。
ご不明な点などございましたら、info@jfp-a.comまでメールでお問合せください。
電話での対応や商品の受付は行っておりませんので、予めご了承願いします。
販促事例を活用する

追伸

追伸

追伸

私からのメッセージにお付き合いいただき感謝します。

私自身、20数年にわたり飲食業界に携わってきて、とても成長させてもらいました。
今でこそ年間数百名の経営者と会い、1万人以上の方へノウハウをお伝えしていますが、決して順調に歩んできたわけではありません。

私が飲食業界に入ったのは、社内独立制度(ライセンシー制度)のあるチェーン店でした。
その制度は、たとえ自己資金が0でも、店長として成果を出せば既存店の運営委託オーナーになれるというものでした。ところが事情があって、私は独立制度を使わずに直営の社員としてスーパーバイザーの道を選んだのです。これが運命の分かれ目でした。

多くの同志が独立制度を使い、社長としてお店を切り盛りするようになりました。
しかし、しばらくすると業態の成長が止まり、ライバル店の乱立もあり、お店の業績が下降していったのです。
売上が順調な時は社長として良い思いができましたが、売上が落ち込むと、何人ものオーナーが経営を続けられなかったり、自己破産に追いやられたりしたのです。

「私自身が、そうなっていたかもしれない」
そんな自責の念を抱えながら、サラリーマン時代は担当店の売上アップを支援してきました。
独立してから11年以上が経ちますが、私が小さな飲食店を応援しているパワーの源は、
あのときの悔しさが強く残っているからです。

私を含め、経営者というのは、何かしら孤独なものです。
しかし、本当に一人ぼっちでは、地に足をつけて踏ん張り切れないのも事実ではないでしょうか。
だからこそ、私の経験してきたことが、何かのお役に立てたら嬉しいことです。

今日の良き出逢いが、素晴らしいご縁となりますように心から願っています。

感謝!

◆提供コンテンツ◆
  1. 【飲食店販促の虎の巻~新・販促成功事例151】(WEB動画)/3時間6分
  2. 【飲食店販促の虎の巻~新・販促成功事例151】(音声データ)/3時間6分
※資料のPDFデータもダウンロードできます。
◆◆ご購入者さま特典◆◆
  1. 【お店の売上を倍増したいなら お金をかけずにアイデアで勝負する!】(書籍)
  2. 【できる飲食店経営者の時間管理術】(WEB動画/ダイジェスト版)
  3. 【飲食店のキャッシュフロー経営術】(WEB動画/ダイジェスト版)
  4. 【シークレット交流会への参加権】
  5. 【法人の宴会集客をドサッと獲得する最強のテンプレート】(PDFデータ)
  6. 【ほぼ毎日発行:飲食店経営のヒント】(メルマガ配信)
飲食店販促の虎の巻~新・販促成功事例151  お申込フォーム

お支払方法を選択の上、下記空欄に必要事項をご記入いただき、「確認する」のボタンをクリックしてください。
ご送信前に本ページ下部に記載されている「個人情報の取り扱いについて」を必ずご一読ください。

 例)鈴木
 例)一郎
 例)abc@sample.com
 例)03-1111-2222
 例)111-222
 例)○○市○○町1-1
個人情報の取り扱いについて
弊社では、資料請求・お問合せいただいた方の住所・氏名・電話番号およびE-mailアドレスなどの、個人を識別できる情報(以下「個人情報」といいます)を、以下の目的でご提供いただいております。

●資料送付のため
弊社ではご提供いただいた個人情報を上記の目的のみに利用し、他の目的には使用いたしません。ご提供いただいた個人情報は、弊社の個人情報保護規定に従い厳重に管理しております。

資料は3日~1週間ほどでお手元に届くよう、発送しております。
メールアドレスをご記入いただいた方には、資料発送状況などお伝えすることができます。

≫特定商取引法に関する法律に基づく表示